2in1!?バーベキューコンロを自作してみた。(図面フリー)

DIY

・テーブル要らずで移動式のコンパクトなグリルです

・2×4と1×4材で無駄なく(端材があんまりでない)作れます。

・天板埋め込みで取り外しもできるコンロ(Amazonで買った)です。

・図面(pdfファイル)やカットリストもご用意しています。プリントアウトしてお役立ていただければ嬉しいです。

自宅の庭にDIYで火が付いたまま安全に移動がでる!バーベキューコンロを作ってみたのでご紹介します。

スポンサーリンク

使用材料と費用

買い物リスト

・spf 2×4材 6F  5本

・spf1×4材 6F 5本

・spf 2×2材 6F  3本 (2×4を縦に真っ二つに割いてもよいです。)

・木材保護塗料 👇(色がたくさんあるので好きな色)サラサラした塗料で塗りやすいです

・コーススレッド 38ミリと75ミリ 

・キャスター

・キャスターを止めるネジ

・ボンド 耐水

・コンロ

コスト

木材 ¥3,000位

ボンドやネジ ¥2,000位

塗料 ¥1,000位

コンロ ¥3,660

計 ¥9,660

購入先や塗料の種類などにより変わるかと思いますが、概算¥10,000です。

スポンサーリンク

使用道具

・スライド丸のこ  なければ普通の丸のこや手のこでもOK

・インパクトドラバー

・塗装用具

・メジャー 鉛筆 スコヤ 

・皿取りきり (あるとネジが綺麗に入ります。)

・紙やすり #100くらい

スポンサーリンク

手順

木材カットリスト

SPF 2×4材

1050㎜ 2本

720㎜ 2本

600㎜ 2本

524㎜ 2本

620㎜ 2本

754㎜ 2本

SPF 1×4材

438㎜ 8本

590㎜ 7本

140㎜ 4本

SPF 2×2材

830㎜ 2本

744㎜ 2本

600㎜ 1本

ホームセンターなどでカットサービスを利用するのも良いかも👆

組み立て手順

STEP1

天板部分の枠を作ります 接合部はボンドとコーススレッド75ミリ併用です

ハンドル側は斜めにカットしています。(しなくてもOK)

STEP2

脚部分を四隅にコーススレッド75ミリで取り付けます。

天板分19ミリ下げて取り付けてください

水はけが良いように、天板枠の600ミリ側の材から5ミリ離してつけます。

STEP3

下の棚部分の枠を組み立てます。

STEP4

👆できた枠を横から差し込みます

コーススレッド75ミリで内側から固定します。

STEP5

ひっくり返してキャスターを左右に取り付けます。

STEP6

天板の受け桟を足に取り付けます。

STEP7

下段の棚の天板の受け桟を枠に取り付けます。両端部は5ミリ開きます。(水はけ)

STEP8

1×4材を等間隔で8枚下段枠に取り付けます。枠より両端が5ミリ開きます(水はけ)

STEP9

下段と同じ様に天板を取り付けます。

⚠️コンロの開口部の縁に耐火の為、アルミテープなどを巻くと良いです。

STEP10

ハンドルを固定して、組み立て完成です👏👏👏 

フリープラン 図面ダウンロード

参考動画

動画もあるのでよろしければ見ていただくとよりわかりやすいかと思います。👇

スポンサーリンク

まとめ

なるべく無駄(端材)が出ないように計算して作ってみました。

DIY好きな方は参考にしていただけたら嬉しいです。

もし不明な点や 図面に間違いなどあればコメントより教えてください。

見ていただきありがとうございました。

コメント

  1. GEN より:

    コメント失礼いたします。

    図面は何のCADを使っていますか?

    シンプルでとても見やすい図面だいと思います。

    でよろしければソフト名教えて頂けますでしょうか。