DIY ガンラックの作り方(図面フリー)

DIY
  • 図面(pdfファイル)やカットリストもご用意しています。プリントアウトしてお役立ていただければ嬉しいです。
  • ハンドガン×9とライフル×3とマガジンなどの備品がスマートに収納できます。
  • DIY(木工)やエアガンが好きな方向けの内容です。

今回は集成材サブロク1枚(厚み15㎜幅910㎜長さ1820㎜の板)でなるべく無駄(端材)が出ないようコストをおさえつつ、スマートに収納できるガンラックを作ってみたのでご紹介します。

スポンサーリンク

使用材料と費用

買い物リスト

コスト

  • 集成材 今回は家の近くのホームセンターで購入 6,000円位
  • スポンジテープ amazonで930円
  • コーススレッド 1,200円位
  • 塗料 今回は着色剤のみamazonで購入 973円
  • 仕上げワックスは家にあったものを使用しました。amazonで3,980円

※購入先や塗料の種類などにより変わるかと思いますが、概算¥10,000〜15,000円です。

スポンサーリンク

使う道具

  • 丸鋸  スライド丸鋸やテーブルソーなどでも良いです。

もっと簡単に仕上げたい人や丸鋸を使ったことのない人、道具がない方はホームセンターのカットサービスを利用されると良いです。

👇 DIYおすすめの丸のこは

スポンサーリンク

手順

木材カットリスト

幅910㎜長さ1820㎜厚さ15㎜の板(今回は集成材)を使います。

👆の図面のように切り分けます。※丸鋸の刃の厚みは1.5㎜以内のものを使用してください。

黒い部分は端材になります。

カット面(ナイフマーク)を鉋やサンダー、紙やすりなどで整えると仕上がりが良くなります。

  • 230㎜×805㎜ 2枚(側板)
  • 230㎜×690㎜ 2枚(仕切り)
  • 230㎜×240㎜ 2枚(棚板)
  • 230㎜×300㎜ 1枚(棚板)
  • 230㎜×870㎜ 1枚(底板)
  • 100㎜×870㎜ 1枚(蹴込板)
  • 90㎜×870㎜ 1枚(上背板)
  • 200㎜×300㎜ 2枚(ハンドガン棚板)
  • 120㎜×300㎜ 3枚(ハンドガン棚板部材)
  • 90㎜×300㎜ 3枚(ハンドガン棚板部材)
  • 260㎜×145㎜ 1枚(ライフル受け部材)
  • 22㎜×230㎜ 2枚(ライフル受け部材)

計21枚です。

組み立て手順

step1

側板2枚と仕切り板2枚を👆図のように前上角をR加工し仕切り板の方は背板が付くところを切り取ります。

step2

👇

ポケットホールやダボなどで接合します。(簡単に釘やビスで止めてもいいと思います。)今回はポケットホールジグを使用しました。

step3

棚板を取り付けます。

step4

ハンドガン用のスタンドを作ります。

120×300の板と90×300の板をホールソー32φを使って加工します。

step5

👇加工した板を組み立てます。

step6

組み立てたハンドガン用棚を本体に取り付けます。

step7

ライフル用支えを作ります。👆各部材をボンドで接合します。

幅は少し大きめになりますが、次の工程で👇300㎜にカットします。

👆65φのホールソーで加工します。幅を300㎜に合わせます。

step8

ライフル用支えを本体に取り付けます。

step9

塗装 緩衝材(スポンジテープ)を貼り付けて完成です。👏👏👏

図面ダウンロード

組み立て動画

スポンサーリンク

まとめ

既製品にはないデザインと収納量が私的に良かったです。

エアガン、DIY好きな方は参考にしていただけたら嬉しいです。

もし不明な点や 図面に間違いなどあればコメントより教えてください。

見ていただきありがとうございました。

コメント